午前0時のmitakehan

ファッションや腕時計、音楽の情報を発信するブログ

金足農業の甲子園決勝進出で地元メディアの壊れっぷりがハンパない件

f:id:mitake3000:20180821104033p:plain

34年ぶりのベスト4入りを果たし世間の注目を浴びている金足農業。まるで少年漫画を彷彿とさせるほどの凄さに東北が歓喜の渦に呑まれ、地元メディアのtwitter公式アカウントまでもが発狂する事態に。そんなメディアのツイートにスポットを当て紹介します。

祝・金足農業決勝進出

朝でも昼でもこんばんは、mitakehanです。

2018年夏の甲子園、実に34年ぶりのベスト4入りを果たし世間から注目を集めている金足農業。8月20日の準決勝では見事に勝ち、決勝進出を決めました。いやぁ、金足農業おめでとう!

先日の記事で野球に興味がないとか言って本当にすみませんでした。

 

www.mitakehan.net

興味がなかったのは本当ですが、決勝進出の何がそこまですごいのか気になり色々調べていくうちにどんどん気になって行き、結果的に金足農業を熱く応援するカナノウウォッチャーへと早変わりしてしまいました。

そんな熱い掌返しを披露することになった大元の原因がSNSサイトのTwitter(ツイッター)で繰り広げられていた金足農業祭りにあります。

金足農業はマジで少年漫画の主人公属性 

ここで金足農業の何がそこまですごいのかザっとおさらいすると、

 まず金足農業は公立高校なことに加えて、甲子園メンバーは秋田市近郊出身の生粋の秋田っこ。さらにエースの吉田君は軟式野球経験者でメンバーほとんどが軟式野球出身。

逆転に次ぐ逆転でハラハラドキドキさせつつもしっかり勝ち星を拾っていくその姿は、確実に少年漫画の主人公属性と言ってもいいでしょう。

とはいえ、自分の記憶が正しければ幼いころ、秋田の甲子園常連と言えば金足だった気もするのですが違ったでしょうか?それから長い年月を経て改めて最強のメンバーが揃い決勝まで行ってしまうというのは本当に凄いことだと思います。

ハッシュタグで「平成最後の百姓一揆」と言われるのも頷けます。

金足農業の宿泊費が足りない問題

今回の躍進は当の金足農業からしても予定外だったのでしょう。

用意していた宿泊費が準決勝、決勝と進むにつれ、見事に底をついてしまったようです。

 

 寄付(年貢)を募っているようで安心しましたが。これで心置きなく戦えることを祈ります。

金足農業の活躍に地元メディアの決壊が止まらない

今回、mitakehanをカナノウウォッチャーに変貌させた原因の一つに、地元メディア公式アカウントの壊れっぷりが凄かったことが挙げられます。公式アカウントと言えば基本的にお知らせをすることがメインで個人の叫びが反映されることなどほとんどありません。たまに公式で弾けている企業もありますが今回のアカウントは地元マスメディア。その影響力たるやハンパではありません。

それでは一体、どんな壊れっぷりを見せていたのか紹介します。

AAB(秋田朝日放送)

 

 この辺りではまだ比較的落ち着いています。

 

 この辺りで壊れ始めます。そして、

 

壊れます。

AABと言えば準決勝進出の際のツイートでも話題になっていました。

メディアのツイートで「あ」が羅列された心の叫びは初めて見ました。

ABS(秋田放送)広報 

AABだけではなくABSこと秋田放送もまた試合に釘付けになりながらツイートを行っていました。

 

 

ABSは比較的序盤から既に崩壊が始まっていたようで、なにかアクションが起こるたびにツイートしています。 

 

そして、 

 

壊れます。 

広報ツイートの中の人自身が情報番組スッキリで取り上げられたことに対し「語彙力喪失」「黒歴史」というほどの壊れっぷり。なかなかに見事です。

オフィスの様子についても呟かれていましたが、本当に力を入れた応援姿勢にほっこりしてしまいます。

エフエム秋田 

 地元ラジオ局のエフエム秋田もまた見事な壊れっぷりを見せていました。

 エフエム秋田はどちらかと言うと熱狂系の壊れ方のようで、非常に熱いツイートにこちらまで胸が熱くなってしまいます。

そして、

壊れます。 

未だかつてツイートで校歌を歌いあげるメディア公式アカウントを私は見たことがありません。 

 決勝でも壊れっぷりに期待|がんばれ金足農業

ノリノリで記事を書いていて、気が付けば4000文字を突破していたことに愕然としながらも満足感もハンパないmitakehanでした。

8月21日は金足農業vs大阪桐蔭。どちらも圧倒的主人公感溢れる存在ですし盛り上がること間違いありません。結果がどうなっても、どちらの活躍も歴史に刻まれるでしょう。

一東北人として、急造カナノウウォッチャーとしても金足農業を応援します。がんばれ金足農業!

(追記)

熱戦が繰り広げられましたが大阪桐蔭の勝利に終わりました。大阪桐蔭も金足農業も、どちらもカッコ良く輝いていましたね!