午前0時のmitakehan

ファッションや腕時計、音楽の情報を発信するブログ

DA PUMPのおかげで仕事に支障をきたしているという話

今更ながら個人的にDA PUMPフィーバー真っ只中。そんなDA PUMPのおかげで仕事に支障をきたしております。最初はKENZOが着けているベルトについて書くつもりがどうしてこうなった。

DA PUMPのUSAがクセになってて仕事に支障をきたしています

f:id:mitake3000:20180810185035p:plain

朝でも昼でもこんばんは、mitakehanです。

毎年、様々なヒット作が生まれ話題となる邦楽業界。

現在8月ではありますが、いろいろな意味で2018年にもっとも話題をさらったといっても良さそうなのがDA PUMP(ダパンプ)の「U.S.A.」ではないでしょうか。


DA PUMP / U.S.A.

DA PUMPと言えば現在の30代以上なら多くの人が、彼ら(オリジナルメンバーはISSAのみ)のとにかくカッコよかった時代を知っていると思います。

メンバーが4人の時代、出す曲が軒並みヒットを飛ばし、メンバーの男前さもあって老若男女に愛されていたことを思い出します(個人的感想です)。

そして、相次いでメンバーが脱退し、気が付けばすっかり音楽活動を見かけることがなくなりました(個人的感想です)。

もっとも私自身が邦楽自体をあまり聴かなくなっただけですが、DA PUMPについての最後の記憶はメンバーの大幅増員というニュースでしょうか。

そんなDA PUMP。2018年に入りU.S.A.が大ヒットし、また大舞台に躍り出てきました。

私、mitakehanもまたUSAという曲がクセになっているのですが、おかげさまで「USA!!USA!!」と頭の中で高頻度で鳴り響き仕事に支障をきたしております。

サビのダンスも割とヤバい|シュートダンスも気になる存在

事務仕事をしている時などは、集中力が途切れる程度でまだいけます。

これが接客中となると少々まずい。

まじめな話をしていれば脳内で「USA!!」、お客様へおすすめしているここ一番で「カーモンベイビーアメリカ!!」と、とめどなく流れるリフレイン。

まじめな顔をするのにも限界があるというものです。

思い出し笑い、集中力阻害、ちょうどいいテンションが保てない。

見事に支障をきたしておりました。

最近それもなんとか落ち着き、平常運転になりましたが一時期は本当にヤバかった。

そんなDA PUMPのUSA。ダンスも妙にツボにハマります。

MCハマーを彷彿とさせるインベーダーダンス。


MC Hammer - U Can't Touch This

DA PUMPの間では「驚異のインベーダーフォーメーション」と呼ばれているのだとか。

そしてサビでは近頃話題のシュートダンス。

このシュートダンス、2017年の夏に爆発的に流行し始めた比較的新しいダンススタイルのようで、起源を問われればアメリカのブロックボーイJBというアーティストが発表した「shoot」に行き着くそうです。


BlocBoy JB Shoot Prod By Tay Keith (Official Video) Shot By: @Fredrivk_Ali

ダンスはそんなに詳しくないのであれですが、動画を見てみると確かにシュートダンスを踊っています。

アメリカ・ヒップホップシーン発祥ということもあり、U.S.A.とも親和性がたかいのではないかと個人的に勝手に感じています。

「U.S.A.」の元ネタはイタリアのアーティストJOE YELLOW

そして、U.S.A.が気になる要因の一つに軽快なユーロビートのテンポが挙げられます。

登美丘高校のバブリーダンスが引き金になった荻野目洋子の楽曲の影響もあり、近頃再評価されているユーロビート。

一方1980年代後半、ユーロビート、ハイエナジー、イタロ・ディスコなどといった当時のヨーロッパのダンス音楽がまとめて「ユーロビート」の名称で日本に持ち込まれ、「ユーロビート」というジャンルは日本のみで独自の発展を遂げた。

引用:Wikipedia

1980年代のヒット音楽ジャンルが最近になって復権するとは、ファッションと同じく時代は巡るというものなのでしょうか。

ユーロビートとISSAのハリのある声がマッチしているのも人気の理由といえます。

そんなU.S.A.ですが、どうやらカバー曲らしいとDA PUMPを調べていたら見つけました。

原曲のU.S.A.は、イタリアのアーティスト・ジョーイエローによるもので、タイトルはDA PUMPと同じU.S.A.。

 


Joe Yellow - USA

大胆に歌詞を変えていますが、それは郷ひろみの「ゴールドフィンガー'99」とたいして変わらないので問題ではありません(原曲:リッキー・マーティン「リヴィン・ダ・ビダ・ロカ」)。

オリジナル曲にしてもずいぶん突き抜けてるなぁ、と思っていましたが原曲があるのなら納得です。

KENZOのベルトはラグジュアリーストリートブランド「Off-white」

 (画像:左から三番目がKENZO)

ここまでDA PUMPのU.S.A.について熱く語ってきましたが、今回のこのブログはメンバーのKENZOが身に着けているベルトについて書き上げる予定だったのにどうしてこうなったと自問自答が止まりません。

止まりませんがU.S.A.について語れたのでそこは良しとしておきます。

さて、脱線しまくりではありますが、ダサカッコいいDA PUMPファッションの中でも一際目を引くKENZOスタイル。

赤いジャージにオーバーサイズのシャツも気になるところですが、腰に巻き付けている長いベルトもさらに存在感がハンパない。

あのベルトはアメリカのラグジュアリーストリートブランド「Off-white(オフホワイト)」が発売したもので、価格は関税などがあるので販売店にもよりますが24,840円(税込)。

f:id:mitake3000:20180810182807j:plain

出典:MAKES.co.ltd

「高くね?」と思う人もいるかもしれませんが、輸入コストもありますしこのブランド的には決して高くはありません。

ジャスティン・ビーバーやカニエ・ウエスト、日本では大人気グループJSBの登坂広臣も着用する大人気ブランド。

ラグジュアリーと呼ばれるだけあって商品の価格帯が軒並み高額なのですから、高いのは当たり前ともいえます。

Off-Whiteのアイテムはどれもカッコいいのでぜひチェックしてみて下さい。

DA PUMP・KENZOプロフィール

KENZO
生年月日:1985.1.21
出身地:福岡県
血液型:O型

引用:DA PUMP公式HP

脱線しまくったけど「USA!!」と言っておけばいい気がしてきた

ベルトの紹介がしたかったのに、ガッツリと曲紹介をしてしまった脱線具合に我ながら呆れてしまいますが、とりあえず「USA!!USA!!」と言っておけば気分も上がってくるので良い気がしてきたmitakehanでした。

不死鳥のように蘇り、以前よりもパワーを増したDA PUMP。

今後も目が離せません。