午前0時のmitakehan

ファッションや腕時計、音楽の情報を発信するブログ

変圧器は海外へ持っていく必要ない?スマホ充電はそのままでOKな理由

海外旅行で変圧器はいるの?いらないの?スマホやカメラなどを海外で使用するとなると充電が必要なのは当然のこと。電圧が違うから変圧器が必要とよく言われているけどちょっと待ってください。いまどきの家電に変圧器は必要ないかもしれませんよ?

変圧器とは|海外の電圧事情

f:id:mitake3000:20180808204858j:plain

朝でも昼でもこんばんは、mitakehanです。

海外旅行って用意するものが多くて探すのに苦労しますよね。スーツケースやその他のカバンを販売していた経験の中でトラベルに関するグッズの紹介なども行ってきましたが、探しにくるお客様の中でもなにが必要でなにが必要ないのかよくわからないという人が多いのも事実です。そんなトラベルグッズの中で多くの人を混乱の渦に巻き込んでしまうのが「変圧器」という存在なのです。

その変圧器ですが旅行代理店などでは持っていくものリストに入れられていたり、ネットではいるともいらないともいわれてもう訳がわからないよ状態に陥ってしまいます。ここで個人的な見解を先に述べておきますが「現代では変圧器はほとんど必要ない」と考えています。それはいったいなぜなのか、これよりざっくりとではありますがお話しします。

日本の電化製品は海外で使えない?

変圧器とはいったいなんなのか。これは簡単にいってしまうと「日本と海外では電圧が違う」ということに集約されます。日本の電圧が100Vなのに対して、例えばアメリカでは120V、オーストラリアでは230Vでヨーロッパ諸国ではだいたい220~240Vと電圧事情が全く異なります。

電圧が違うからといってなにが問題なの?と思う人もいるかもしれませんが、実は相当大きな問題なのです。電圧の高い国で日本の100V仕様の家電を持っていくと、電圧の不可に耐えられない。つまり発火や故障の原因となってしまいます。そのため一昔前は、海外の電圧を日本の電子機器が使えるレベルに変換してくれる変圧器が必需品でした。これによって海外でもそのままカメラやパソコンなどを使用することができていたのです。

現代の電子機器はユニバーサル仕様が多いから変圧器が必要ない

スマートフォンやデジタルカメラなど、現代の家電・電子機器は非常に高性能。10年前と比較するともう全く別の世界に紛れ混んだんじゃないかと思うほどです。そんな現代の電子機器の多くはユニバーサル仕様。ユニバーサル仕様について簡単に説明すると、100~240Vまでの電圧で使えますよ、という仕組みのことをいいます。つまり、日本でも海外でもそのまま使って大丈夫ということにほかなりません。なので多くの場合、現在の電子機器に変圧器は必要ない、という結論になるのです。

今でも変圧器が必要な場合とは

f:id:mitake3000:20180808205115p:plain

変圧器は必要ないという理由を挙げてきましたが、それでも変圧器が必要な場合ももちろんあります。今発売されている現行のスマホやデジカメなどはユニバーサル仕様なので問題ありませんが、古い携帯電話やデジカメなどはその限りではありません。

ユニバーサル仕様となっていないものは変圧器を使わないと故障の原因となり非常に危険。海外旅行に行く前に自分の使っている機種がユニバーサル仕様なのかどうか、型番を検索して調べてみた方が良いでしょう。また充電器には製品情報が直接表示されており、そこに100Vー240Vと記載されていればそのまま使用してもかまいません。

変圧器が必要な人におすすめのアイテム

 

 変圧器は対応できる地域が限定しているものが多いのですが、こちらは全世界対応可能。その上、世界のコンセントにも適応した組み合わせ式のプラグもセットとなっています。電源プラグのタイプが日本とは違う国が圧倒的に多いですし、地域によっても違う場合もあるのが悩みの種。組み合わせを変えるだけでどこでも対応できるのは嬉しいですね。

ドライヤーは変圧器NG!変圧機能付きのものを選ぼう

女性の旅行にはドライヤーやヘアーアイロンがつきもの。電圧的に海外で使えなさそうだし変圧器を持っていこう、と考えるのはちょっと待ってください。ドライヤーやヘアアイロンに変圧器を使用するのはおすすめできません。今も昔も高電力の家電は通常の変圧器を使用するのはNGとされているのです。

使用する電力が高すぎて普通の変圧器では処理可能領域を超えてしまい、発火や故障の危険が高まります。ホテルに備え付けられていなくドライヤーやヘアーアイロンを持っていく場合は、変圧機能付きのものを選ぶかパワーが強くドライヤーも使える変圧器を購入して行く方が危険も少なく快適に使用することができます。

海外へドライヤーやヘアーアイロンを持っていきたい人へおすすめのアイテム

 100~120Vと200~240Vで電圧切り替えが可能なドライヤー。ドライヤー用の変圧器などもありますが売っているお店も少なく探すのが大変だったりしますし、なにより変圧器は意外と重い。これ1つで国内外どこでも使えて便利です。

 100~240Vまで対応した海外対応可能なヘアーアイロン。すっきりとしたデザインで、海外に持っていくのにもスーツケースの中でも場所を取らず持ち運びが便利です。

自宅のドライヤーを持っていきたい人用変圧器

使い慣れたドライヤーやヘアーアイロンをやっぱり使いたいという人におすすめなのが、この2300Wまでの電化製品を使えるとにかくハイパワーな変圧器。これ1つでドライヤーやアイロンもカバーできます。プラグも4パターン付いてくるのも嬉しいポイント。 

海外に行く前に自分の持っていくものをしっかりCHECK

日本とは勝手が違う海外では、電化製品一つとっても一筋縄ではいきません。一度自分の使っているものを確認し、間違いのない快適な旅行を楽しみたいものですね。

 

www.mitakehan.net