午前0時のmitakehan

ファッションや腕時計、音楽の情報を発信するブログ

ウエストポーチおすすめ6select!!フェスにも街コーデにも使えるメンズのマストアイテムを徹底解析

普段使いにちょうどいい「ウエストポーチ」を徹底解析!定番のボディバッグや近頃人気のサコッシュもいいけれど、普段使い用のバックに変化をつけたいというオシャレメンズにおすすめなウエストポーチ。フェスなどのイベントに行く時やタウンユースでも使いやすく夏秋のシンプルなファッションにもしっかりハマる優れもの。ナイロン製のモノから革をポイントにあしらったものまで、多種多様なラインナップの中から、セレクトショップやカバン屋さんで勤務経験のあるmitakehanがおすすめなアイテムを6つセレクトして紹介します。

年代問わずに使える優れもの|定番アイテムのウエストポーチ

 

持ち歩く荷物が少ない男性が使うバックといえば、定番となったボディバックや最近人気が高まっているサコッシュなどが挙げられます。財布やスマートフォン程度しか持ち歩かないながらも、できればポケットに入れたくない。はたまた、バックもお洒落に取り入れたいメンズからはボディバックもサコッシュも非常にポピュラーなアイテムといえるのではないでしょうか。しかしながら、服装のテイストを変えるとどちらを持てばいいのか、いまいち判断がつかなくなることもしばしば。そんなときにおすすめなのが、昔から定番のアイテムとして知られているものの、探してみるとなかなか見つからないウエストポーチの出番なのです。

ウエストポーチとボディバッグの違いとは?

ファッションにこだわりがある着道楽な方々だとウェストポーチとボディバックの違いは何となくわかると思いますが、これからお洒落に着こなしたいファッション初心者には違いは意外と分かりにくいかと思います。どれをみても同じ気がするし、ウエストポーチかと思って購入したらボディバッグ何てこともしばしば。似ているようで少し違う両者の見分け方をざっくりと説明します。

ウエストポーチは腰に巻いたり肩に掛けたりと意外とオールラウンダー

ウエストポーチとは名前の通り、腰に巻いて固定する小型のバッグのこと。別名でウェストバッグとも呼びますが、最近では肩掛け、斜め掛けができるようにベルトが太めなものも販売されています。ボディバッグとの差がほとんどなくなってきてはいますが、そもそも前提として腰に固定するということがあり、腰に巻いてものが取りやすくなるようにものの出し入れをする部分が決まっています。なので肩から斜め掛けした場合にはポケット以外のメイン収納部が、バッグの側面に位置することになります。腰に固定しつつ身体にフィットするためフェスなどの野外イベントでも活躍しますし、斜め掛けしてタウンユースにも相性抜群。思いの外オールラウンダーなアイテムがウエストポーチなのです。

遊び心が随所につまったボディバッグ

ウエストポーチに対してボディバッグは肩掛けすることを前提としてつくられているため、デザインの幅も広く収納部へのアクセスもメーカーによって実に様々。ベルトに沿って上部に入り口があったり側面にあったりと好みに合わせて選びやすいのが特徴。比較的大容量なものも多く荷物が多い男性からの人気も高いアイテム。スポーティーな要素が強いウエストポーチに比べて、どちらかというとデイリーユーズに特化したアイテムが多いのがボディバッグです。

サコッシュについてまとめた記事もあります

ここまでウエストポーチやボディバッグに触れてきましたが、サコッシュはどうなの?と気になるオシャレメンズも多いかと思います。以前、サコッシュについてまとめた記事がありますので、そちらも合わせてご覧ください。

 

mitakehan.hatenablog.com

ウエストポーチおすすめ6select

一口にウエストポーチと言ってもデザインや素材、容量に至るまで実に多種多様。アウトドアメーカーのものを選んでスポーティな装いに、または大人なデザインを選んできれい目スタイルにと様々な選択肢があります。様々なシーンで使いやすいウエストポーチを5つセレクトし紹介します。

グレゴリー

 

創業者のウェイン・グレゴリーが1977に創業したバッグブランドの「グレゴリー」。山登りをベースにしたアウトドアシーンで高い人気を誇るグレゴリーは、身体へのフィット感だけではなくそのデザイン性も相まって今ではタウンユースでも大人気のブランドとして知られるようになりました。グレゴリーが販売したウエストポーチもまた、バックパックに負けないほどの存在感、シンプルながらも洗練されたデザインがお洒落アイテムとして不動の地位を得ています。

アークテリクス

 

1989年にカナダのノースバンクーバーに設立したアウトドアアパレルブランド「アークテリクス」。シャープなデザイン性と実用性の高さで多くの支持を集め、タウンユースでも欠かせない存在に。アークテリクスの中でも定番のバックパックやマウンテンパーカーのほか、ウエストポーチもまた多くのオシャレメンズ&レディースに愛されています。

ポーター

 

日本のバッグブランドの中でも圧倒的な知名度を誇る、吉田カバンのブランド「ポーター」。ビジネスバッグなどで見かけることも多いブランドですが、実のところカジュアルバッグもハイクオリティ。シンプルなデザインとブランドロゴの親和性が非常に高く、いつものコーデにポーターのウエストポーチを加えれば、エッジの効いたお洒落が楽しめるかと思います。

バトラーバーナーセイルズ

 

日本のバッグブランド「バトラーバーナードセイルズ」が展開するウエストバッグ。縫製や加工など工程の全てを国内の職人が手掛けることで、非常に高い水準の物づくりがされています。デザインもシックで、大人メンズの休日スタイルにハマること間違いなし。斜め掛けすることでゴテゴテしすぎないすっきりとしたコーデが楽しめます。

ドリフター

 

バッグブランド「ドリフター」の中でも定番人気のヒップバッグは、シンプルな機能性とカジュアルコーデにしっかりとはまるポップさで若い世代から多くの支持を集めています。素材にはインビスタ社のコーデュラを使用。軍用服などにも用いられる素材なだけに、非常に強度の高い仕上がりとなっています。

マンハッタンポーテージ

 

マンハッタンの街並みのブランドロゴが特徴的なバッグブランド「マンハッタンポーテージ」。定番のメッセンジャーバッグが有名な同ブランドもウエストポーチを展開しており、どんなコーデにもすんなりとハマるデザイン性で多くのファンに愛されています。

 

男のオシャレバッグにはウエストポーチがおすすめ

ポケットに財布やスマートフォンを入れて歩いてもいいのですが、少しだけパンツの型崩れが気になるところ。荷物が少なく、それでいてオシャレに気を使いたいメンズにはウエストポーチがおすすめです。サコッシュやボディバッグなどの小型バッグに加えてコーデの選択肢を増やせば、その日の気分でスポーティーにも大人な装いにも自由自在。アウトドアイベントの予定があるのなら、動きやすいコーデにウエストポーチを合わせて目一杯楽しむのもいいかもしれません。