午前0時のmitakehan

ファッションや腕時計、音楽の情報を発信するブログ

タバコ脳をぶっ飛ばせ!!禁煙して初めて気付いたタバコのデメリット

f:id:mitake3000:20201016183622p:plain

タバコを吸ってストレス解消!と思っているそこのあなた。それ、本当に解消できていますか?思い切って禁煙をして初めて気が付いた世間との認識の温度差やタバコのせいで歪んでしまっていた自分の意識。タバコ脳を自覚して禁煙のきっかけを掴むため、禁煙しながら発見したことをご紹介。

 

 禁煙成功から見えた世間とのズレ

2020年2月に禁煙を始め、ツイッターで禁煙についてつぶやき続けて早8か月。

今ではタバコを吸いたいと思うこともほとんどなくなり快適な毎日を過ごしています。

禁煙の集大成として『note』にてこんな記事を投稿しました。

 

【24時間限定無料】禁煙のススメ!!~意志弱男子の禁煙成功体験記~|みたけはん @micchie3000 #note https://note.com/mitakehan_nt/n/n53d7ab90459e

 

自分が禁煙するにあたって心掛けたことや手法を盛り込みましたし、禁煙に対する心構えを理解していただける中身になっているのではないかと自負しています。

この記事の中では世間から喫煙者へ向けて禁煙を促すにあたり、プレッシャーや医学的なデメリットを述べる内容のサイトなどが多く、元ヘビースモーカーとしてはいまいち辞められるビジョンが見えなかったと述べました。

世間が思う以上に喫煙者は悲壮な決意でもって禁煙するものだと私は思い、このnote記事では自分の経験を始めリアルな禁煙プロセスと喫煙経験者としての禁煙への向き合い方を書き記しています。

しかしながら元喫煙者として非喫煙者の立場に立って考えた場合に、スパスパとタバコを吸っている時には気が付けなかったことや分かった気になっていたタバコのデメリットはまだまだ甘かったんだなとも気が付いたのも確かです。

タバコを辞めるには覚悟と手段と意志が必要だともnoteでは言いました。覚悟の決め方は人それぞれ違うと思いますが、その覚悟の積み上げには厳しめのリアルを知った方がいいという人もいるかもしれません。

そこで今回はnote記事では触れなかった喫煙者側の勘違いや辞めて初めて気が付いた認識の甘さを『タバコ脳』としてご紹介。タイトルは過激ですが喫煙者側の気付きがあればと願い書いたこの記事を、あなたが禁煙に挑むための一助。覚悟を決める一つの要因になれれば幸いです。

私自身、常日頃から気を使っていたつもりではいたけれどまだまだ不十分だったんだなと思う部分も多々あります。禁煙する気がないという方もマナーの再確認という意味でぜひ参考にして下さい。

厳しめの意見は見飽きた、という方はぜひ上記リンクからnote記事へ移動しお読みいただければ幸いです。

タバコ脳をやっつけろ|辞めて気付いたタバコの悪影響

イライラするのはタバコのせい?禁煙したらストレスが減った

f:id:mitake3000:20201016183826j:plain

タバコを吸っている時は休憩時間になれば一服、食後にまた一服。仕事でイライラしたらまた一服、気分転換にとなにかの切り替えにタバコを吸っていました。

仕事が立て込んで離席できなかったりなにかストレスがかかってタバコを吸いたいのに吸えない時などはイライラが募り、タバコを吸うと一息付けた――――と思っていましたが、今になって思えばそのイライラの原因、全部タバコでした。

もっと言えば一息付けてストレス解消できたと思ったのは全部気のせいでした。

考えてみれば当たり前の話ですが、タバコがなければ吸いたくてイライラすることはないんです。

そもそも○○だと言ってしまえば元も子もないのであまり好きではないのですが、タバコを辞めた方が格段にイライラが減ったわけで。

脳内の行動指針がタバコに支配された『タバコ脳』だったがために、ストレスはタバコで解消しないと!と思い込んでしまっていたのだなと今ならわかります。

タバコは自分でデバフ(状態異常)を与えるだけだった

f:id:mitake3000:20201016183907p:plain

禁煙して数日たったあたりからなんだか身体が軽い、肌がカサカサしないといった身体的改善がみられました。

肌が良くなる、体に悪いというのは今までしょっちゅう見て来た文言でしたが、自分で体感して「ここまで違うものなのか!」と驚いたのは今でも鮮烈に憶えています。

身体に入れる必要のない煙を入れて毒素が身体をめぐるわけで、それがなくなれば体の具合も好転しないはずがありません。

自分は本来こんな肌でこんな体調であるべきだったのかと知れた感動はちょっと筆舌にし難いものがあります。

慢性的に体調不良だったがためにイライラが助長されていたのかなとも思いますが、これがゲーム的な表現で言えば自分自身にデバフという名の状態異常をかけ続けていたと想定すると納得できます。

タバコを吸いながら「今日はちょっと調子がいいかも!!」なんて言ってた時もありますが、全然調子が良くなかったのにそう感じたのはタバコ脳がなせる業とも言えます。

何より血圧がグッと下がったのはありがたかったです。

タバコがない方がコミュニケーションの改善に繋がる

f:id:mitake3000:20201016190717j:plain

タバコを吸うことによって得られるコミュニケーションがある、といいます。

上司や先輩など喫煙者間でのコミュニケーションが得難いものというのも理解はできますが、これも禁煙して少しだけ考えが変わった点として挙げられます。

タバコを辞めて気が付きましたが、今となっては喫煙者の方が圧倒的に少ないです。

年代問わず禁煙する人が増えた昨今、タバココミュニケーションよりもタバコを吸わない人たちの方へ目を向けた方が有意義な会話や得られるものが増えているのではないでしょうか。

タバコを吸わずに喫煙室で上司と話している人も見かけますし、自分でコミュニケーションする場所を得た方が結果として良い方向に進む場合もおおいのかなと最近思います。

予想の3倍は臭い!!タバコ臭のキツさは想像以上

f:id:mitake3000:20201016183854j:plain

よく「タバコは臭い!!」と消臭剤のテレビCMやネット、世間の声で挙げられています。

喫煙者側としては「まあ、多少タバコの匂いはするだろうな」とか「そんな大げさな」といった感じで流してしまうことも多々あると思いますが、これは我々が思っているより本当に臭いです。大げさでもなんでもなく臭いです。

喫煙している時に感じていたタバコ臭は、自身が発している匂いな分そこまで気にならないし喫煙所の臭いにも慣れてしまって鼻から脳に匂いが届くころにはかなり麻痺してしまっています。

周囲に与えてるタバコの煙の不快感やタバコ臭の強烈さは、私の体感上での話にはなりますがタバコを吸っている時に想像していた3倍はキツい。

「外で吸って来たし大丈夫でしょ」と思っても服にも割と臭いが残っていますし、外で吸っていても風上で吸った時には数メートルは臭いが届きます。

消臭スプレーを使わないとと思ってはいたもののさぼってしまうことも多かった自分を思い返し、こんな気持ちでタバコの臭いに周りは耐えていたのかと恐縮しきりな今日この頃です。

受動喫煙は本当に怖い。非喫煙者の立場に立ってようやく気付いた恐ろしさ

f:id:mitake3000:20201016182838j:plain

副流煙、受動喫煙の危険性が叫ばれて久しいですが、喫煙者の目線ではそれを危険と認識しきれていなかったなと最近よく思います。

私は嫌煙家というわけでもないですし煙もそこまで嫌というわけでもありませんが、周りに話を聞いてみると煙そのものが嫌だし怖いという人も結構います。

考えてみれば非喫煙者は煙を吸いたいとも思っていないし近寄りたいとすら思っていないわけで、それなのにタバコの煙を目の前でぷかぷか漂わせて入るわけです。その煙には健康被害のもとになるものがギュッと詰まっていて無遠慮にこちらに届く。

言ってしまえば煙で殴られているのと同義なのではないかと思います。

私自身、どんな時でもマナーを完璧に守った喫煙者だったかと言われれば自信はありません。

現在も喫煙者に対しての締め付けが厳しいと言う意見も多く見られます。しかしながら、これまで非喫煙者に対して無理を強いてきた過去(新幹線車内でも吸えた、飲食店での分煙がなかった等)と禁煙を促す世界的な流れを考えると、ある程度厳しくなってしまうのも仕方のないことなんじゃないかとも思うのです。

タバコのポイ捨てはダメ、絶対!非喫煙者目線だとより汚く見える

f:id:mitake3000:20201016184140p:plain



タバコのポイ捨てがダメなのは喫煙者でも良く知る常識かと思います。

そのポイ捨てした結果について非喫煙者目線で見た時のおぞましさをうまく表現できない自分が歯がゆいです。

煙の話と同じことではありますが、タバコ吸わない人からしたら吸い殻も一切必要のないものであって、それが道端に転がっているだけならまだしも喫煙場所がないからと言って排水溝にたまっていたり灰と一緒にそこら中に落ちているのは景観を損なうどころの話じゃありません。

喫煙者からしてもちょっとこれは……と感じる人は多いとは思いますが、無関係な人がそれを見せられる、さらにはボランティアの人や敷地の関係者が他人の捨てた吸い殻を拾っているというのはあまりにおかしい。

タバコ脳がモラルを欠如……とまでは言いません。守っている人が大半です。

ただ過去の自分を含めて、ちょっとだけならとマナー違反をしてしまう人もいれば守る気がない人がいるのもまた事実です。

ポイ捨て、ダメ、絶対!です。

禁煙したら見えなかったものが見えた!世間とのズレを理解しマナーを守ろう

長々と偉そうに語ってきましたが私自身、元は重度の喫煙者です。

禁煙したから気が付けたことであって、これまで多くの人に迷惑をかけたんだなと思う場面が頭を過ぎります。

タバコを辞めたいという人はこれを念頭に入れて辞める方向に意識を持って行ってほしいですし、禁煙する気がないという人にもぜひこれを読んでマナーについて世間とのズレを認識し直してもらえたらな、と願います。

禁煙に興味がある、なかなか禁煙が上手くいかなくて挫折しそうという方は、手前みそではありますが私、みたけはんが頑張って書いた喫煙者に厳しすぎない禁煙のススメ!!(現在最終調整中)をおすすめします。

タバコを辞めたい人がしっかりと辞められて、ストレスフリーな生活を送れるよう一緒に頑張れたら嬉しいです。

 

【24時間限定無料】禁煙のススメ!!~意志弱男子の禁煙成功体験記~|みたけはん @micchie3000 #note https://note.com/mitakehan_nt/n/n53d7ab90459e